UQモバイルキャンペーンキャッシュバック情報

参考:UQモバイルキャンペーン

参考:UQモバイルキャッシュバック

参考:UQモバイルau乗り換え

ワイモバイルの通話料金

スマホプランS/M/L

ワイモバイルのスマホプランS/M/Lには無料通話がついてきます。それぞれ同じ無料通話となっていて、10分以内の通話が何度でも無料となっております。

この10分以内何度でも無料通話は、コミコミプランとなっており、Sプランであれば最初の1年は月額1980円で、10分以内何度でも無料かけ放題がついてきます。通話無料サービスも基本使用料にパッケージ済みのため、オプション加入不要です。

プラン月額料金データ容量無料通話
スマホプランS2,980円(1年間は1,980円)1GB/月(2年間は2GB/月)国内無料通話
(1回10分以内)
スマホプランM3,980円(1年間は2,980円)3GB/月(2年間は6GB/月)国内無料通話
(1回10分以内)
スマホプランL5,980円(1年間は4,980円)7GB/月(2年間は14GB/月) 国内無料通話
(1回10分以内)

ケータイプランSS

ケータイプランSSには、10分以内何度でも無料通話はつきません。

他社の携帯に電話する場合は、30秒につき20円かかります。しかし、ワイモバイル、ソフトバンクのスマホ・ケータイだけは時間限定で通話無料となっております。1時~21時は0円で、21時~1時は30秒につき20円となっております。

プラン月額料金データ通信利用の場合ワイモバイル、ソフトバンクのスマホ・ケータイへ通話他社のスマートフォン・ケータイや固定電話へ通話
ケータイプランSS934円~ベーシックパック月額300円
パケット定額0~4500円
1時~21時:0円/21時~1時:30秒につき20円全時間帯:30秒につき20円

ケータイプラン(PHS)

ケータイプラン(PHS)にオプションを追加(月額:934円)することでご利用いただけます。

他社も含めたすべてのスマートフォンやケータイ、固定電話への1回あたり10分以内の国内通話が、無料でご利用いただけます。(月500回まで)

※相手先への通話が月に500回を超過した場合は、10分以内の通話の場合でも、30秒につき20円の通話料が別途かかります。

ワイモバイルの無料通話に回数制限はある?

2017年1月ご利用分までは、10分以内の通話、月300回まで無料となっておりましたが、現在は1回あたり10分以内の国内音声通話が回数制限なく無料でご利用いただけます。

格安SIMは、5分以内かけ放題が多いですが、ワイモバイルで10分と長めの無料通話となっております。

お店の予約や家族との通話などでついつい通話料がかさんでしまうところも、ワイモバイルなら通話の多い方でも安心です。

無料通話10分以上、通話をした場合はどうなる?

10分超過分から、30秒につき20円の通話料がかかります。

格安SIMのかけ放題は、超過後10円/30秒というサービスが多いです。これはほとんどのサービスがプレフィックス型通話アプリを採用しているからです。

プレフィックス型通話アプリとは、相手先電話番号の前に「003768」などのプレフィックス番号をつけて発信することで、通話料金が通常の半額になるサービスです(20円/30秒が10円/30秒)。プレフィックス番号はアプリから電話をかければ、自動で追加されます。

自分の電話番号がそのまま使えるうえに、相手に表示される番号も自分の番号のまま。通常の電話回線を使うため、IP電話のように通話品質が落ちることもありません。月額料金も無料です。

既定の無料通話時間より長く電話する可能性の高い方は、超過時間によって通話料金に倍の差が出てきてしまいます。

「スーパーだれとでも定額」で時間・回数が無制限で通話できる

ワイモバイルには「スーパーだれとでも定額」というオプションサービスを追加すると、他社も含めたすべてのスマートフォンやケータイ、または固定電話への国内通話が、無料でご利用いただけます。

国内の(他社も含む)携帯電話、一般加入電話、IP電話(050から始まる電話)への通話が、通話回数、通話時間制限なく無料です。

ワイモバイルカスタマーセンター(151)や自動音声応答(116)、ワイドサポート(0800-919-0151)にかける場合も無料です。

スマホプランS/M/Lであれば月額1000円の追加で時間・回数ともに無制限で国内通話をかけることができます。オプションの加入/解除はいつでもお申込みいただけます。

さらに、「ケータイプラン」ならインターネットも無料でご利用いただけます。

オプションとなりますので、申し込みは必要で、追加料金が1000~1500円それぞれのプランにおいて必要となります。

格安SIMで時間・回数無制限のかけ放題オプションを提供しているMVNOはありますが、ほとんどが050番号です。IP電話回線を利用するので通話品質などは通常の電話番号通話と比較すると劣ります。

ワイモバイルは、一部の格安スマホで利用されているようなIP電話(050)はなく、docomoやソフトバンク、auと同様の070/080/090の通話です。通常の電話番号で完全無制限のかけ放題を使えるY!mobileを使う方が良いでしょう。

対象プラン

  • スマホプランS/M/L:月額料1000円
  • ケータイプランSS:月額料1000円
  • ケータイプラン:月額料1500円

注意

※月途中での加入・解約の場合、月額使用料は日割で計算いたします。
※月途中にオプション解除の申込をした場合、翌月から適用となります。
※当サービス対象外の料金プランへプラン変更をされる場合、当サービスは自動解除となります。[/alert]

スマートフォン/タブレット/ケータイ無料通話の対象外となるもの

  • 国際ローミング・国際電話(海外への通話)
  • 留守番電話センターへの通話料(録音料・再生料を含む):ご利用の料金プランに応じた通話料がかかります。
  • ナビダイヤル(0570):NTTコミュニケーションズの定める通話料が適用されます。
  • テレドーム(0180):NTTコミュニケーションズの定める通話料が適用されます。
  • 番号案内(104):200円(税抜) / 件(通話料別)
  • 着信転送サービスへの通話料:ご利用の料金プランに応じた通話料がかかります。
  • ワイモバイルが指定し、別途公表する電話番号への通話。