UQモバイルキャンペーンキャッシュバック情報

参考:UQモバイルキャンペーン

参考:UQモバイルキャッシュバック

参考:UQモバイルau乗り換え

ワイモバイルオンラインストアのメリット

キャンペーンが利用できる

オンラインストアでは、常になんらかのキャンペーンを行っています。こうしたキャンペーンは店舗ではなくネット限定のことが多いため、オンラインストアしか適用されません。

このキャンペーンを利用することで店舗よりもお得に契約することができたりします。

プランも端末もゆっくり考えて申し込みできる

店舗で手続きをすると、店員さんと一緒にプランや端末を決めることになりますので、急かされている感じがします。

オンラインストアなら自分のペースで、ゆっくりと比較しながら最適な端末やプランを選ぶことができます。

店舗に行く必要がない

パソコンやスマホがあれば、家にいても外にいても、いつでもどこでもワイモバイルの契約ができ、店舗まで行って、時間をかける必要がありません。

オンラインストアは自宅で契約が完結しますので、無駄な移動時間がありません。

最短で当日発送

ワイモバイルオンラインストアを利用して購入した商品は、最短で当日発送をしてくれます。

発送してから最短で翌日に届くので最低でも1日後になってしまいますが、それでもワイモバイルの発送は当日中なので最速です。

疑問はチャットで手軽に質問できる

ワイモバイルオンラインストアでは、疑問や不明点がある場合はチャットで聞けるようになっています。チャットの受付可能時間は、10:00~24:00です。

チャットではこういう悩みを解決します。

  • どの機種にしたらよいかわからない
  • 料金プランについて教えてほしい
  • いま、おトクなキャンペーンが知りたい
  • 店舗が近くにないけど、説明は聞きたい
  • 情報入力ページの内容がわからない

ネットからの申し込みは店員こそいないものの、チャットでのサポート体制は万全です。

チャットは、パソコン・スマホのどちらにも対応しており、PCなら画面右下に出てくる「チャットを始める」で開始できます。

待ち時間がない

店舗では土日祝日など、皆が休みの日は混み合うので、待たされる可能性があります。店舗は常に空いているとは限らず、混雑していている時は、自分の番まで回ってくるのに時間がかかりお店に来てもすぐに契約手続きできるとは限りません。

また、回線を開通させるまでにも時間がかかります。

お店に来てから待たされ、契約後も開通までに時間が掛かり待たされて、総合して時間を潰してしまいます。平日の日中に時間を作れる人は、空いているので待ち時間はないので問題ないでしょう。

店舗契約は、「店舗に足を運ぶ時間」「開通までの時間」など無駄な時間が生じます。オンラインストアは自宅で手軽に契約でき、申し込み後は勝手に配送となるので、店舗のように開通まで待つ必要はありません。

時間的節約になるのは間違いなくオンラインストアの方です。申し込み自体も、「端末」もしくは「SIMのみ」かを選び、プランを選択し、個人情報と支払い方法を入力し、本人確認書類の写真をアップロードするだけなので、5分程度で終わります。

たつた5分で契約し、あとは放置で端末なりSIMなりが勝手に配送されるので、実施的な時間の制約がありません。

24時間いつでも申し込みができる

ワイモバイルショップなど実店舗は、営業時間が決まっているので限られた時間でしか契約ができません。深夜や早朝などはお店が閉まっているので申し込みができません。

ワイモバイルオンラインストアは、実店舗のような営業時間というものがなく、24時間いつでも好きな時に申し込み手続きができます。

在庫切れはない

ワイモバイルオンラインストアでは、端末の在庫切れが殆どありません。全機種常に揃っていて、在庫切れで購入できないなんてことはまずありません。

店舗では思っていたよりも在庫切れとか、取扱いがない端末が多いです。その為、いくつか店舗を回る必要があります。

効率を考えると、在庫切れのないオンラインストアで購入した方が確実で手っ取り早いです。

余計なオプション・アプリの勧めがない

ワイモバイルショップなどの店舗で手続きをすると、店員さんからオプションの加入やアプリのインストールを勧められたりします。

不要なオプションに加入・アプリをインストールしたほうがお得という誘いがあり、加入を押し勧めてきます。

このオプションやアプリは、初月は無料で翌月から利用料金が発生するようになっていて、店員の話術に乗っかり加入して解約するのを忘れると無駄にお金を出費してしまいかねません。

ワイモバイルオンラインストアなら、ウェブサイトの指示に従いながら自分で手続きを進めれるので、オプションやアプリを加入しないで済みます。

アウトレットやタイムセールなどの限定セールがある

ワイモバイルのタイムセールで端末を実質0円で購入できるのは、オンラインストア限定となります。タイムセールは夜9時~朝7時までの時間帯で、限定商品が販売されています。

他にはアウトレット商品もオンラインストアで限定販売されており、お客様の都合で返品された短期使用端末などがあります。これらはクリーニング・修理・稼働確認して提供しているもので安心です。

頭金が安くなる

ワイモバイルオンラインストアから申し込みすると頭金が安くなります。

Y!mobileショップや家電量販店でのY!mobile契約では「頭金」があります。これは大手キャリアショップもそうですが、店頭で手続きをすると、機種代とは別に頭金(店舗手数料)というものが発生します。

頭金、若しくは店舗手数料という名称を使っている店舗もありますが、頭金とは簡単に言うと店舗が利益を出す為に課している料金のことで、端末代とは別に発生する費用なので、頭金を支払ったからといって端末代は安くなりません。

他の分割契約商品における「頭金」という存在は、あくまでも信用のための「前払い」という扱いになっていますが、ケータイ・スマホ契約における「頭金」というのは前払いという関係性は一切なく、ただの「追加料金」となっているのが現状です。

通常の頭金

「機種代(3万円)-頭金(1万円)=支払う金額(2万円)」

と機種代の一部を頭金として支払います。

携帯ショップでいう頭金(店舗手数料)

「機種代(3万円)+頭金(1万円)=支払う金額(4万円)」

頭金(店舗手数料)を支払っても機種代は1円も安くなりません。

性質的には「頭金」という名称よりも「販売所手数料」みたいな感じです。

この「頭金」が上乗せされることで、その契約が定価であれば頭金分の料金が上乗せになっている為、それだけ損する形となります。

この頭金は平均して5,000円前後ついてくることがあります。5,000円だと結構な値上がりになりますから、頭金が付いてくるショップや家電量販店での契約というのはそれだけ損になる可能性があるわけです。

お店への頭金は、あくまで店舗へのマージンとして支払っている料金なので、オンラインストアから申し込む場合は頭金不要です。

ワイモバイルオンラインストアのデメリット

料金プランを覚える必要がある

ワイモバイルの料金プランは、ドコモやauなとキャリアに比べればシンプルで分かりやすいですが、それでも覚えることは沢山あります。

店舗では、店員に料金プランの説明を受けられますが、オンラインストアでは店員不在のため説明されず、自分で覚えないといけません。

自分に合った料金プランは何なのかを勉強して契約プランを選択する必要があります。また複数ある端末のうちどれが最適かも自己判断しなければなりません。

サポート面は3大キャリアより弱い

ワイモバイルの店舗はキャリアと比べたら店員の数は少ないです。安い料金が売りのワイモバイルですから、あまり人件費はかけられない都合上、店員は少人数性です。

店員が少ないと混雑時は相談を受けるまでの待ち時間があります。

当日受け取りはできない

当日中に端末を受け取り開通させたいなら店舗しかありません。オンラインストアは、申し込み後に配送となる為、1日後に到着となるため当日受け取りは不可です。

それでも当日配送で最短1日後ですから受け取りまでの時間に大きな差はありません。