UQモバイルキャンペーンキャッシュバック情報

参考:UQモバイルキャンペーン

参考:UQモバイルキャッシュバック

参考:UQモバイルau乗り換え

ワイモバイルに「かけ放題プラン」はある?

ワイモバイルのスマホプランS/M/Lには無料通話がついており、10分以内の通話が何度でも無料となっております。しかし、10分超過分から、30秒につき20円の通話料がかかります。

その為、30分や1時間や2時間など長時間の通話を何度もする人は通話料が莫大にかかります。

そんな長時間通話の人に向いている通話時間・回数制限などに縛られない「かけ放題プラン」がワイモバイルにはあります。その名は、「スーパーだれとでも定額」というオプションです。

スマホプランS/M/Lなら、月額料1000円追加するだけで国内の(他社も含む)携帯電話、一般加入電話、IP電話(050から始まる電話)への通話が、通話回数、通話時間制限なく無料となります。

ワイモバイルカスタマーセンター(151)や自動音声応答(116)、ワイドサポート(0800-919-0151)にかける場合も無料です。

月額1000円で24時間通話し放題となるため、どんなに通話をしても上限が追加の1000円と決まっているため、莫大な通話料にならなくて済みます。

通話頻度の多い方に特におすすめのオプションとなっております。ワイモバイルのスマホ・ケータイだけでなく、他社のスマホ・ケータイ、固定電話、更にはIP電話にかけても安心定額1000円です。

固定の追加料1000円で友達、家族、仕事仲間、上司、などとにかく頻繁に話すには最適です。

「スーパーだれとでも定額」の特長

  • 専用アプリを使う必要がない
  • 料金が安い(月1,000円、または1,500円)
  • 通話品質が良い

他の格安SIMでも、電話かけ放題オプションはありますが、「専用の通話アプリ」を使わなければならない条件があったりします。

ワイモバイルはソフトバンク回線を借りてサービスを提供しているため、音声通話の品質は安定しています。

「スーパーだれとでも定額」月額料金

「スーパーだれとでも定額」は各プラン月額料金が異なります。

対象プラン月額使用料
ケータイプラン、ケータイベーシックプラン
新ウィルコム定額プランS
1,500円(税抜)
スマホプラン S/M/L、スマホベーシックプラン S/M/L
ケータイプランSS、ケータイベーシックプランSS
1,000円(税抜)

スマホプランS/M/Lに「スーパーだれとでも定額」を追加したら料金はどうなる?

スマホプランS/M/Lそれぞれに追加1000円となります。

プラン月額料金「スーパーだれとでも定額」合計
スマホプランS2,980円(1年間は1,980円)月額1000円3,980円(1年間は2,980円)
スマホプランM3,980円(1年間は2,980円)月額1000円4,980円(1年間は3,980円)
スマホプランL5,980円(1年間は4,980円)月額1000円6,980円(1年間は5,980円)

ケータイプランSSも「かけ放題オプション」がある

ケータイプランSSは、月額934円でワイモバイル、ソフトバンクのスマホ・ケータイへ通話が1時~21時は0円となっております。これは、通話時間や回数に制限がありません。ただし、21時を超えてしまうと1時までは30秒につき20円かかります。

更にケータイプランSSも「スーパーだれとでも定額」にオプション加入することが可能で、加入すればソフトバンク、ワイモバイルに加えて他社携帯、一般加入電話、IP電話(050から始まる電話)への通話が、通話回数、通話時間制限なく無料となります。

スマホは最低月額1980円~ですが、ケータイなら月額934円と1000円以上安くなっています。通話だけ目当てでしたら、ケータイプランが最適と言えるでしょう。

「スーパーだれでも定額」は、どれくらいの通話でお得になる?

ワイモバイルのスマホプランS/M/Lは、10分以内の通話は無料となっています。10分超過分から、30秒につき20円の通話料がかかります。

「スーパーだれでも定額」は追加で月額1000円です。ということは、1000円分以上の通話をすれば元は取れるということです。

「スーパーだれでも定額」1000円÷20円(30秒)=50

1000円は、20円(30秒)の50回分に相当します。

30秒×50回=1500秒
1500÷60秒(1分間)=25分

つまり、25分が1000円の通話料に値しますので、25分以上を通話すれば元が取れます。

ワイモバイルのスマホプランS/M/Lは、10分以内の通話は無料ですから、10分に25分を足して35分以上を通話すれば元が取れるということになります。

無料通話10分超過した後も通話を30分以上する人は、オプションに加入していおいた方がお得と言えます。

「スーパーだれとでも定額」が月額1000円なわけですから、単純に通話料が月に1000円を超える方は、オプション加入した方が望ましいと言えます。厳密には、月1000円以上の通話が年に1回程度ですと、オプション加入の意味はありませんが、毎月のように通話料が1000円を超えるような方はオプション加入した方が良いと言えるでしょう。

「スーパーだれとでも定額」申込方法

オプションの加入/解除はいつでもお申込みいただけます。

「スーパーだれとでも定額」を利用する場合、オプション申込が必要です。入会時に申し込むこともできれば、入会後に申し込むこともできます。

「スーパーだれとでも定額」は、お申込み手続き完了時から、ご利用いただけます。つまり、申し込みをしたその日が適用日となります。月途中のお申し込みの場合、月額料は日割りとなります。

オプションは月の途中で加入しても満額請求ではありません。加入月の加入日を含んだ残り日数で日割り計算されて請求されるので、月間30日なら1日36円×日数が請求額となります。

My Y!mobile

  • [料金プラン/オプションの確認・変更]を選択します。
  • [サービスを探す]を選択し、この中より[だれとでも定額]をお探しいただき、[加入]を選択します。
  • サービス加入画面に切り替わり、こちらよりお手続きができます。

自動音声応答サービス(通話料無料)

以下の番号から、オプションサービスの変更手続きをおこなっていただけます。

[受付時間]自動音声応答にて24時間受付

ワイモバイルの電話から116
他社の携帯電話、固定電話などから0120-921-156

「スーパーだれとでも定額」解除方法

途中で解除する場合も会員ページから手続きできます。

My Y!mobileにログイン→ご契約内容の確認(料金プラン・オプションサービスの照会画面に切り替わります)→「スーパ-だれとでも定額」の右側にある「変更」を選択

月途中に解除手続きをした場合、月末までの利用となります(翌月利用分から解除になります)。月の途中は月末まで使い切る形となり、すぐに解除できません。

スーパーだれでも定額の対象外は?

スマートフォン/タブレット/ケータイ無料通話の対象外となるものは以下です。

  • 国際ローミング・国際電話(海外への通話)
  • 留守番電話センターへの通話料(録音料・再生料を含む):ご利用の料金プランに応じた通話料がかかります。
  • ナビダイヤル(0570):NTTコミュニケーションズの定める通話料が適用されます。
  • テレドーム(0180):NTTコミュニケーションズの定める通話料が適用されます。
  • 番号案内(104):200円(税抜) / 件(通話料別)
  • 着信転送サービスへの通話料:ご利用の料金プランに応じた通話料がかかります。
  • ワイモバイルが指定し、別途公表する電話番号への通話。

「スーパーだれでも定額」はSMSは対象外

「スーパーだれでも定額」に申し込んでいても、SMS送信が無料になるわけではありません。SMS送信は1通につき3円が発生します。

「スーパーだれでも定額」は、あくまでも電話かけ放題というオプションとなりますので、SMSとは別物です。

「スーパーだれでも定額」はデータ通信は対象外

「スーパーだれでも定額」に申し込んでも、スマホプランの場合はデータ通信容量の上限がなくなり使い放題になることはありません。

スマホプランにはS/M/Lとデータ容量が定まっていることに変わりはありません。

しかし、「ケータイプラン」なら月額1500円である代わりとしてインターネットを無料でご利用いただけます。ケータイプランだけは、パケット通信量の制限がなくなりパケット使い放題にすることができます。